会社辞める勇気が出ない【僕が勇気を出すためにした7つのこと】

こんにちは。脱サラ漫画家のトクナガです。

 

「脱サラ漫画家」と名乗っているだけあって、僕も以前会社員をしていました。関西の食品通販の会社で働いていました。そして脱サラ。

 

会社辞める時には、僕も勇気が出なかった。自分の中では「会社辞める」と決めているのに、なかなか言い出せない。そんなときに勇気を出そうと色々試行錯誤していました。

 

今回は、僕が実行した「会社辞める勇気を出す方法」について書いていこうと思います。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

会社辞める勇気を出すため【僕がした7つのこと】

「会社辞めたい。けど会社辞める勇気が出ない」

僕もそうでした。会社では色々なことを経験させてもらったし、成長させてもらえた。今でも会社には感謝をしています。

 

でも自分のやりたいことがありました。不満だってありました。様々な理由があって、僕は会社を辞める決意を固めました。

 

「会社を辞める」と決めたはいいものの、いざ辞めるとなるとネガティブなことを考えてしまって萎縮していました。

 

会社を辞めた後のことは?どうやって生活するの?再就職先決めるのが常識みたいだけど?などなど色々考えてしまって会社を辞める勇気が出ませんでした。。

 

まず「会社辞めます」って言う勇気が出ない(笑)。

 

以下では、僕が会社辞める勇気を出すために実践したことを書き出してみます。僕にとっては効果のあるものでしたが、それが記事を読んでくださっている方すべてに当てはまるとは思いません。

 

何か一つでも引っかかってくれたら」という気持ちで書き出しています。少しでも勇気を出すきっかけになれば幸いです。

 

勇気が出た7つのこと
  • ①「会社を辞める理由を書き出す」
  • ②「会社辞めた人の話を聞く」
  • ③「勇気の出る言葉でテンションを上げる」
  • ④「自分を第一に考える」
  • ⑤「ポジティブに考える」
  • ⑥「一日会社を休む」
  • ⑦「会社辞めると言う日を決める」

 

トクナガ
最初の「今お時間ありますか?」という一言さえ上司言えれば、後はすんなりいくのですが、中々この一言が言えませんでした。

 

①「会社を辞める理由を書き出す」

会社辞める勇気を出すためにした一つ目の事は「会社を辞める理由を書き出す」です。

 

「会社を辞めたい」と思っている理由があるはずです。僕はその理由を書き出して会社辞める勇気を出しました。

 

どんなにくだらないことでもいいです。小さなことでもいいです。「通勤電車に乗りたくない」「朝起きるのが辛い」「人間関係に飽きた」でもなんで良いです。

 

他人から見たら「くだらない」と見えることかもしれません。でも大切なのは自分が「会社を辞めたい」と思っているという事実。誰に見せるワケではありません。とにかく会社を辞めたい理由を書き出してください。

 

辞める理由を書き出すことで、「なぜ辞めるのか」が整理されて明確になります。僕の場合は「辞めたい」という意識が、「辞めないといけない」に変わりました。

 

僕が会社辞めた時に書き出したメモは残っていませんが、覚えている限りを書き出してみました。大きな理由から、小さな理由まで書き出しています。

 

書いているうちに「このままじゃいけない」「辞めないといけない」という思いが強くなり、辞める勇気が出ました。

 

  • 業績不振で、10年後も会社があるか不安
  • 休みが少ない
  • 自分のやりたいことを優先したい
  • 長期旅行に行きたい
  • 土曜日も仕事したくない
  • 10年後も同じことをしてそうで怖い
  • つまらない
  • 通勤時間が憂鬱
  • 休みの日まで会社のことを考えてしまって憂鬱
  • 自分はこの会社で何がしたいのかわからない
  • インフルエンザになって、ホッとしている自分が怖い

 

②「会社辞めた人の話を聞く」

会社辞める勇気を出すためにした二つ目の事は「会社辞めた人の話を聞く」。

 

実際に会社を辞めた人の話を聞くことで、辞める勇気が湧いてきます。

 

僕の周りには会社を辞めた知り合いが少なく、いたとしてもなかなか話を聞きにくい人だったりして、結局直接話を聞くことができませんでした。

 

僕は偶然、ラジオで会社辞めた人の話を聞くことができました。フリーランス特集というか、「大人の就活相談」というテーマだった気がします。曖昧な記憶ですみません。

 

会社を辞めた人の話を聞いて、思ったのは「会社辞めることは、そんなに大仰なことではない」ということ。話を聞くまでは、「会社辞める=再就職できない>社会から隔絶される>絶望」みたいに考えてました。大げさでなく本当にこの感覚でした。

 

ですが、実際に会社を辞めた人の話を聞くとそうでもないらしい。会社を辞めたからといって、社会から隔絶されるワケではありません。ましてや人生が終わるわけでもない。

 

そう考えたら、すんなりと「会社辞めても大丈夫なんだ」と思えるようになりました。

 

その後実際に会社辞めてみて、あの時聞いた言葉は間違いではなかったと実感。僕は会社を辞めて半年くらい無職でしたが、生活はなんとかなりました。というかめちゃくちゃ楽しかった(笑)。

 

貯金が無ければ、アルバイトでもすればいいと思います。食っていくには困らないはず。その間ゆっくりと、先のことを考えていけばいい。僕は自分の実体験からそう思います。

 

僕のように周りに会社辞めた人がいない場合は、ツイッターで「会社 辞めた」と検索すればリアルタイムで会社辞めた人のツイートが流れています。

 

↓実際に検索してみました

 

この方の言うことにすごく共感。辞めた後に思うのは「こんなものか」というあっさりした印象。

 

トクナガ
会社を辞める前は恐怖でしたが、辞めてみると案外スッキリでした。

 

③「勇気の出る言葉でテンションを上げる」

会社辞める勇気を出すためにした三つ目の事は、「勇気の出る言葉でテンションを上げる」。

 

会社辞める前の僕は、色々悩みすぎていました。会社を辞めるのは恐怖でした。具体的に「会社を辞める」といった後の上司のリアクション、同僚の反応を想像して怖くなってました。

 

そんなときに勇気をもらったのが、勇気の出る言葉。自分の好きな音楽の歌詞でも良いです。漫画のキャラのセリフでも、偉人の名言でもなんでもいいと思います。

 

世の中には勇気をもらえる言葉がいくつもあります。言葉を見ていくと勇気が湧いてきます。自分の好きな言葉を探してみてください。

 

僕の場合は、好きな漫画とアーティストの歌詞に勇気をもらいました。参考までに僕が勇気をもらった言葉を引用してみます。

 

今あなたの前に立ちはだかる壁は高いかもしれない

でもそれは、扉かもしれない

引用:「ブラックジャックによろしく」

「まだ」と言っていたらいつまでもスタートできませんぞ

そろそろ誇りを持たれてはいかがかな?

引用:「魔法陣グルグル」キタキタおやじ

容易く自分自身を値踏みしやがって

世界の神ですら君を笑おうとも

俺は決して笑わない

引用:「グングニル」BUMP OF CHICKEN

 

④「自分を第一に考える」

会社辞める勇気を出すためにした四つ目の事は「自分を第一に考える」。

 

会社を辞めようと思うと、色々なことが頭をよぎります。

 

「嫌な顔されるだろうな」
「迷惑かけるよな」
「辞める挨拶とかどうしよう」
「家族に心配かけるかな」
「軽蔑されるかも」

 

こういうことを考えるのは仕方のないこと。どうしたって考えてしまいますよね。ですが、まずは自分第一に考えてください。

 

他の要素は削いで、まず自分がどうしたいかを考えてください。シンプルに考えることで、「”自分”が何をしたいのか。何をするべきなのか。」が明確になります。

 

そうすることで自ずと会社辞める勇気が出てきます。僕の場合は、「勇気」というか「辞めないと前に進めない」という気持ちになりました。

 

あなたの人生は、あなたにすべての決定権があります。僕は、何より自分を優先させるべきだと思います。

 

⑤「ポジティブに考える」

会社辞める勇気を出すためにした五つ目の事は「ポジティブに考える」。

 

会社を辞めても大丈夫です。死にはしません。むしろ会社辞めたいと思っているまま会社に残り続ける方が、死のリスクは高いのではないでしょうか。身体を崩してしまったり、精神的にまいってしまう可能性だってあります。

 

上でも書いたように、会社を辞めてもなんとでもなります。辞める前はネガティブに考えてしまいがちですが、ポジティブなことだけ考えましょう。

 

ネガティブなことは考えない

 

なるようになります。会社辞めたら何がやりたいのか。前向きに考えましょう。しばらく休む。焼肉を食べに行く。地元に帰る。旅行に行く。なんでもいいと思います。

 

ポジティブに考えることで、先の道が見えることの方が多いはず。僕はそうでした。

 

⑥「一日会社を休む」

会社辞める勇気を出すためにした六つ目の事は「一日会社を休む」。

 

僕は会社を辞める前に、有給をとってとにかく自由にしてみました。「会社のこと」「辞めた後のこと」「お金のこと」など色々と考えが煮詰まっていたので、会社を休んでリフレッシュすることにしました。

 

休みの間は何も考えないで、とにかく自分の好きなことに徹しました。僕はその日、朝5時に起きて電車に乗って朝ごはんをカフェで食べて、スーパー銭湯で露天風呂につかって、TSUTAYAでDVDを借りて、家に帰ってからお菓子をつまみながら映画を見てダラダラしてました。

 

書き出すとちょっと恥ずかしいですね(笑)。何も生産的なことはしていません。ですが、ダラダラすることで不思議と考えがまとまりました。

 

考えすぎると、会社辞める勇気も出にくくなります。なので、意識して「考えない日」を作るのも大事だと思います。

 

「会社を休む」のは、人によっては実行が難しいこともあるかもしれません。そんな場合は、少しでもいいので「何も考えない時間」を作ってみてはいかがでしょうか。

 

トクナガ
何も考えない時間を作ることで、考えが整理されます。パソコンをデフラグするイメージに近いかも。

 

⑦「会社辞めると言う日を決める」

会社辞める勇気を出すためにした七つ目の事は「会社を辞めると言う日を決める」。

 

会社を辞める最初に一歩は、「上司に会社を辞める旨を伝える」だと思います。ほんの数分で終わることですが、この一歩を踏み出す勇気が中々でないんですよね。

 

僕もこの勇気が出なかった。同僚がいないタイミングを図ったり、上司の機嫌のいい日を狙ったりしてました。

 

「ちょっとお話がありまして」

 

この一言を言うのに2週間くらいうだうだしてました。この期間が一番ツライ。ふわふわしていて、何にも手が付きませんでした。徐々に「時間がもったい」と思うようになってきます。

 

そんな中、自分で日付を決めて挑むことにしました。この日に絶対に「辞める」と言う。一回決めると、案外すんなりことは進みます。

 

真剣な表情で「ちょっとお話がありまして」と言うだけで、なんとなく伝わります。あとはなるようになります。この一言を言う勇気を出してください。

 

トクナガ
僕の場合は「お話が・・・」と言っただけで、上司は察してくれました。

 

まとめ

僕が会社を辞めた時の経験談から、記事を書いてきました。今まで挙げてきた7つをまとめてみました。

 

勇気が出た7つのこと
  • ①「会社を辞める理由を書き出す」
  • ②「会社辞めた人の話を聞く」
  • ③「勇気の出る言葉でテンションを上げる」
  • ④「自分を第一に考える」
  • ⑤「ポジティブに考える」
  • ⑥「一日会社を休む」
  • ⑦「会社辞めると言う日を決める」

 

会社を辞めることは勇気がいることだと思います。僕も実際に体験しているから分かります。「人生の一大決心」のように感じるかもしれません。でも実際に会社を辞めてみると、本当にあっさりしたもので「こんなものか」と拍子抜けすると思います。

 

僕は「会社辞めたい」と思いながら会社に居続けるよりも、会社辞めて新しいことにチャレンジする方が健全だと思います。これはあくまで僕の一個人の考え方ですが。

 

この記事が、少しでも「会社辞める勇気」が出るきっかけになれば幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です